99BASIC TOP サンプル集


TYPE00
FOXBAT 氏のホームページ “ECLIPSE EYE” に掲載されているゲームプログラムの 99 版です。 作者は FOXBAT 氏です。

超大作シューティングゲームです。テンキーか矢印キーで自機を操作し、スペースキーで撃ちます。


原作の環境である N88-BASIC(86) より、99 BASIC の方がいくぶん速度が劣るため、このゲームの速度も、 原作よりややゆっくり目になってしまっていました。その分、敵の弾が多めに出てくるように調整しました。

このプログラムは、BASIC だけで書かれています。機械語は使われていません。 画面は1回表示する毎に、CLS されて、いちいち全画面書き換えています。 自機や敵の撃つ弾も、全て CIRCLE 命令と PAINT 命令で毎回ひとつひとつ描画しています。 このサンプルゲームの速度から、99 BASIC がどのくらいの速度で動くのかを推測してみて下さい。

 ECLIPSE EYE 



YAJILINTH
NAK 氏のホームページ “プログラム投稿勧告” に掲載されているゲームプログラムの 99 版です。 作者は NAK 氏です。 このゲーム(原版)はマイコンBASICマガジン1994年12月号に掲載されました。

内容: パズルゲームです。矢印の方向に連鎖反応を起こすパネルを並べて、 1回ですべてのパネルが連鎖するようにしてください。

ゲームの説明: テンキーでカーソルを動かし、[Z][X]キーでパネルの種類を選択します。 スペースキーを押すとカーソルの位置にパネルが置かれます。一度置いたパネルを取るときにも スペースキーを使います。
パネルには、矢印の方向に連鎖するという性質があります。 うまくパネルを並べて、すべてのパネルを1回で連鎖させるのが、このゲームの目的です。
はじめから置かれている水色のパネルを、「固定パネル」と言います。固定パネルはその名の通り動かすことができません。 固定パネルの中に1つだけ、微妙に色の違うパネルがあります。連鎖反応はそのパネルから始まります。

詳しくは、“プログラム投稿勧告”をご覧下さい。



新月面運輸局
NAK 氏のホームページ “プログラム投稿勧告” に掲載されているゲームプログラムの 99 版です。 作者は NAK 氏です。 このゲーム(原版)はマイコンBASICマガジン1996年9月号に掲載されました。

内容: ゲームの目的はいたってシンプル。月面運輸局員「トウナー」を操作して、画面のあちこち に散らばっているコンテナを、 宇宙船「クレセント号」まで運べばよいのです。このゲームのポイントは、 トウナーとクレセント号とを結んでいるケーブルにあります。 敵から身を守ったり、コンテナを運ぶのに利用したりと、 ケーブルには、いろいろと使い道があります。 ケーブルをうまく使いこなして、 全面クリアを目指しましょう。

ゲームの説明: トウナーをテンキーの[2][4][6][8]で、4方向に動かします。トウナーとクレセント号は ケーブルで結ばれています。ケーブルの長さには限界があり、それ以上は進めません。スペース・キーを押すと、 ケーブルを巻き戻します。
 コンテナは押して動かすことができますが、一度動かすと何かにぶつかるまで止まりません。コンテナをロボットに ぶつけると、ロボットを破壊することができます。
 コンテナには、赤、緑、青の3種類があります。赤いコンテナをクレセント号まで運ぶのが、このゲームの目的です。 緑のコンテナには、アイテムが入っています。青いコンテナを壁にぶつけると、 壁に穴をあけることができます。 ただし、一番外側の壁は壊せません。ロボットに捕まるか、画面右のタイムがなくなると、ゲーム・オーバーです。

注意:原版と異なり、音の ON/OFF は全角/半角キーで行います。
詳しくは、“プログラム投稿勧告”をご覧下さい。



無事に渡りたいパズル
大橋英材 氏のホームページ “遊びと数学” に掲載されている教育ソフトの 99 版です。 作者は 大橋英材 氏です。

内容: 数学パズルの「川渡りの問題」です。

ソフトの説明: 人と狼が3人づつ旅をしています。狼は人の数が自分たちの数より少なくなると 人を食べてしまいます。ちょうど川にさしかかりました。2人乗りのボートしかありません。さあ人が食 べられずに全員向こう岸に渡るにはボートにどの様に乗り込んでいけばよいのでしょうか。ただし狼も ボートを漕げるものとします。やり始めると結構難しいことに気づいて頭を捻らなければなりません。 さあチャレンジしてみよう。

詳しくは、“遊びと数学”をご覧下さい。



ナイトの周遊
大橋英材 氏のホームページ “遊びと数学” に掲載されている教育ソフトの 99 版です。 作者は 大橋英材 氏です。

内容: 「ナイトの周遊」桂馬の動きですべての場所を移動できるか

ソフトの説明: 4×3=12の領地を桂馬飛びの動きですべて通りたい。 どこから周り始めてどの様に馬の駒を移動させれば同じ領地を通らずに、すべての領地を周りきることができるか。


詳しくは、“遊びと数学”をご覧下さい。



スロット2
山本裕之 氏のホームページ “山本のホームページ” に掲載されているゲームソフトの 99 版です。 作者は 山本裕之 氏です。

内容: パチスロ感覚でお楽しみいただけるスロットマシン
プログラムの説明: スペースキーで Bet し、リターンキーでスロットドラムスタート。 "1"、"2"、"3"で各ドラムを止めます。

移植の際に原作者の山本氏から、「スロットの回転数が一定になるように」、 「絵柄(数字)が一定周期で最初に表示したものが出て来る様に」との指示がございましたので、 移植版ではその様に改造されています。ドラムの数字を良〜く見れば、なんとかヒットさせることが出来るでしょう。



キャラクタエディタ
サンプルプログラムとして作ったキャラクタエディタです。
キャラクタ画面で使う画像の作成ができます。ただし、扱える色は 16 色だけですけど。
あまり便利には作られていませんが、ちょっとしたキャラクタ作成になら使えるかと思います。
16 ドット版と 32 ドット版の2つを用意しました。

Windows アプリケーションふうのプログラムも組めるんだという例として考えて下さい。


ミニ迷路ゲーム

3次元ふうな表示の迷路の中を進んでいくミニゲームです。敵などは居ません。
サンプルとして簡単に作っただけなので、左右への向き変更の時の画像処理がいいがげんだったり、 遠近感の調整がまずかったりしますが、それなりの雰囲気は味わえると思います。
矢印キーか、テンキーの2468、あるいはジョイスティックで操作できます。


キャラクタマップ

テキスト画面に表示できる文字を一覧表として表示するプログラムです。
ヘルプファイルに集録する画像を作るために作成しました。


アクセス数のグラフ

ここのホームページへの、アクセス数の変化をグラフで表示するだけのプログラムです。


うねり

COPY 命令を使って、ビットマップをうねうねと動かすサンプルです。


グラフィックスサンプル

グラフィック画面に、ラインや円、文字を表示するサンプルです。


99 Basic ツアーズ

まだ現在は作成途中段階のものです。

99 Basic の機能を紹介するツアープログラムです。
 ・画面モードのツアー
 ・グラフィックのツアー
 ・サウンドのツアー
 ・実効速度のツアー
など、いくつかのツアーを予定していますが、現在動作するのは画面モードのツアーだけで、しかも、それすら作成途中のものです。